バイナリーオプションにおける最大のメリット


rwerwrそれは、最大損失額を限定した上であれば、大幅な値動きがなくても予想を当てることでリターンを得ることができるFXと違い、短時間で大きなリターンが得られる「資金効率の高さ」です。

 以下に箇条書きで示します。

 ・理解のしやすさ(値動きを上下2通りから選ぶだけ)

・取引がいつでも可能(朝8時から翌日4時の間に、数百回可能)

・少額から投資を開始できる(最小50円から)

・限定されたリスク(購入金額以上の損失がない)

・小幅な値動きでも可能(アイアンドロー、ラダー)

・すぐに結果が出る短期決戦型(10分後)

・資金効率が良い(高倍率ゾーン使用)

・取引条件の自由度が高い(途中購入や決済、権利放棄)

・複数のタイプがある(有名なのはハイローオーストラリアのハイ・ロー、ラダー等)

・相場に振り回されにくい(精神的に楽)

・FXでのリスクヘッジとしての利用に適している

 バイナリーオプションには上記のようにたくさんのメリットが存在します。

一方、デメリットもあります。まず、予想が外れれば購入金額の全てが損失というデメリットを覚悟しておくことが必要です。

 他にもデメリットとしては

・払い戻し時のペイアウト倍率の妥当性が見えにくい

・スワップポイントなどの副次収入は無し

・当たり外れの視点(投資家保護への備え)

があげられます。

小額で始められ、かつ損失に上限があるというメリットはありますが、商品性や仕組み、デメリットを十分に把握したうえで、運用方法によっては注意が必要であるということを留意しておくべきです。

近年では、バイナリーの提供だけでなく、FXの自動売買サービスの提供も行うFX企業が増加しています。

その背景としては、自分の判断で売買する「最良取引」では成果を得ることができず、相場の動きに右往左往し、含み損失を抱え続けながらポジションを持ち続けてしまう心理的ストレスを抱えている投資家たちが存在しているからです。

特に、投資家としての自分のスタイルや判断基準、利権と損切りに対する指針を持つことができないまま、気がつけば党利余力を超える損失を発生させてしまい、退場を余儀なくされてしまうというケースも多々あるようです。

こういった点から、あらためてバイナリーオプションを見てみると、裁量の余地が制限されているシンプルな設計となっていることが判ります。

バイナリーオプションのメリットとしてもあげましたが、バイナリーという商品は、一定時間後の損益結果を把握した運用ができ、ロスカットによる退場や損失含みのポジションを抱える心配がなありません。

成果を確かめながら、資金管理ができる初心者に適した投資法だと言うことがいえます。