FXと円の動きについて


gwerewq FXでは、2つの異なる通貨の売買を行い、外国為替市場の為替相場の変動を利用して、その為替差益を求めていきます。
日本国内でFXを行う場合には、様々な国の通貨を取り扱っているのですが、我々の国の通貨である円と、最も馴染みが深くかつ世界で一番の通貨量を誇る基軸通貨である米ドルとの取り引きが一般的になっています。

この円と米ドルの通貨のペアが好まれる理由の一つに、その為替レートの変動情報が非常に入りやすいという事があげられます。
これは、この二つの通貨の変動が我々の生活にしっかりと浸透している証拠でもあり、現に一般ニュースなどにおいても、円相場の値動きのニュースは流されるほどなのです。

こうした事から、よく円高、円安という単語を見たり聞いたりすると思いますし、実際にこの事が絡んで、小売店などで還元セールがあったり、海外旅行に行く際などに旅先でたくさんの買い物ができたり、などという話も聞くと思います。

円高と円安は、基軸通貨である米ドルに対して円の価値が高くなっているのか、安くなっているのか、という所で判断されています。
例えば、1ドルが100円というものを基準にした場合、100万円をドルに換金すると1万ドル分になります。
これが1ドル120円になると円が安くなってしまい、120万円を用意して換金しないと1万ドルにすることができません。
逆に1ドルが80円になると円が高くなったことになり、80万円を用意して換金するだけで1万ドルになってしまうのです。

こうした円高と円安の流れが、そのままFXの取り引きに関わってきます。先の例をそのまま使えば、1ドルが80円の時に1万ドルを80万円で買っておき、1ドルが120円になった時にその1万ドルを120万円で売るのです。
これにより、80万円で買ったドルが、為替レートの変動により120万円で売れるために、その差益である40万円が利益となるのです。

これがFXの根本の仕組みであり、こうした事を世界の様々な国の通貨で行うことができ、また、取引業者に証拠金を預けて信用取引をして行えるレバレッジというシステムを利用し、投資金額の何十倍もの資金を動かして利益を上げていくものが、FX取引と呼ばれている投資取引になるのです。