はっきり言って海外FXの魅力とは、高いレバレッジ


werew日本国内のFX業者は、残念ながら数年前より最高レバレッジは25倍までに規制されてしまっています。これによって、国内FXの魅力は半減してしまった、いや、殆ど無くなってしまいました。これは決して大袈裟な表現ではありません。


その点、海外のFX業者は日本国内の規制を受けませんので、今でも当たり前のようにして数百倍の高いレバレッジで、思う存分にFXに取り組むことができるのです。もちろん、日本人投資家も日本国内に居ながらにして海外FXができます。

海外FXの魅力である高いレバレッジについては、確かに海外にも批判はあります。そのあまりの高さゆえ、高リスクが心配されているのです。しかし、その批 判は間違っていると私は思います。なぜなら、どんな種類の投資であろうとも、投資である以上は絶対に元本保証などはあり得ないからです。

投資家は誰でも皆、利益を狙って投資を行うわけです。これは100パーセント確実なことだと断言して差し支えはありません。しかし、投資家が実際に儲ける かどうかは不確定です。現実の投資の最前線を見ると、儲けている投資家もいれば損をしている投資家もいます。どちらかというと、損をしている方が多いくら いです。

しかし、投資とはそんなものです。それが投資の実態なのだということは、投資家は全員、知っているのです。それを承知の上で行うのが、投資なのです。そし て数ある投資の中でも最も魅力的な投資の一つが、FXです。たとえばレバレッジ250倍の海外FXを考えてみてください。それは単純計算で、国内FXの 10倍の魅力があるのです。逆に国内FXは、海外FXの10分の1の魅力しかないのです。この事実一つを考えてみても、国内FXなど馬鹿らしくてやってら れません。

FXはハイリスク・ハイリターンな投資です。特にレバレッジ250倍ともなれば、上手くゆかなかった時のリスクは半端ではありません。それは10万円の証 拠金で2500万円の取引を行うということですから、下手をすると一日で巨額の損失を被ってしまう危険があります。しかし、くどいようですが、投資家はそ んなリスクは百も承知の上です。それを承知の上で行うことこそが、投資というものなのです。

いずれにしても、国内FXが規制されてしまった今日、FXの真の魅力を味わうには、海外FXに取り組むしかありません。そこで数100倍の高いレバレッジで取引を行うことでしか、FXの醍醐味を味わうことはできないのです。

ただ、念のために断っておきますが、勝って大きな利益を手にするのも、負けて大きな損失を被ってしまうのも、どちらもFXの真の姿です。ですからFXは、 やるからには勝っても負けても全てを受け入れなければなりません。その覚悟を持つ者こそが真の投資家であり、そして本来は、真の投資家のみがFXに参戦す る資格があるのです。

その覚悟を持たないような投資家もどきは、高いレバレッジの海外FXには手を出すべきではありません。国内FXを低レバレッジでチマチマやっているのが分相応というものです。

株式投資、というとどの様なイメージを持たれているでしょうか?

「難しい」「損したら途方もない金額になりそう」「お金持ちの余技」...
以前私はその様な漠然とした印象を持っていました。
新聞に乗っている株価を見ても、数字の羅列でよくわからず。
そんな素人以前と言っても良い状態だった私が株式投資の世界に足を踏み入れたのは、
4年程前でした。

自営業の私は、常に不安定な収入を少しでも安定を保てる様、キャッシュポイントを幾つか持たねばならないと考えており、博打をせずコツコツ少しずつ取引するなら大丈夫なのでは?と、思い切って挑戦してみる事にしたのです。
証券会社に口座開設の申し込みをし、開設されるまでの数週間の間何冊か株式売買関連書籍を買って読み、これで万端!と張り切って臨みました。

株式情報サイトのyahoo!ファイナンスを見て、値上がりランキングから手頃な株価の銘柄を取り合えず買ってみると、いきなり値下がりし、早速含み損。
次の銘柄でも同じちゃんとチャートを見て買えばいいのに、面倒くさがりでせっかちな為、騰がっている銘柄を高値圏で買う、という初心者ならではの失敗を何度か繰り返し、授業料を払う羽目になりました。

その後何度も失敗を経験した私の考え出した投資方法は、まず「今騰がっている銘柄はなるべく追わない」高値圏で買うと下値リスクが大きく、特に暴騰している銘柄の場合、大きな損失になってしまう可能性がある為です。
「暴落している銘柄を監視しチャンスを狙う」暴落するには必ず理由があります。

その中で狙うべきは、例えばゲーム開発会社が期待されている新作ゲームの発売延期が発表し失望で大きく売られた、いつも良い業績の会社が、特別損失等で1期だけ赤字になった等、その会社の将来に期待されている材料が消えたわけでも、経営に大きなダメージが出るわけでもないのに、目先の印象だけで売られている時です。
売り込まれ始めてから2日目ぐらいで買ってしばらく寝かせておくと、かなりの可能性で
利益が出ています。

余程業績の悪い会社であっても、果てしなく売られ続けるという事はまず無く、2,3日も下げればその反動である程度は必ず回復します。
売られ始めて2日もすれば株価は大体かなり下がっているので、例えそこから更に下がっても、しばらく耐えれば悪くとも同値撤退はできると思います。

ほかにも色々な状況・状態で株価は変わり、調べたり考えるのも果てしなく奥が深い株式相場ですが、高値掴みさえしなければ、楽しくやれるものです。
私は初年度は結構な損失を出しましたが、2年目からはずっと黒字です。
これからここは伸びるのでは?と目を付けた会社がグングン成長する経験をすると、結構
病みつきになってしまうと思いますよ。